文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

高知県

直七真鯛NEW


旬:10~12月

直七のほんのり甘く、さわやかな風味を感じる。
万人に愛される自慢の魚

プライドストーリー

NEW

市の特産果実「直七」の粉末を餌に混ぜ、美しく育つ真鯛。
きめ細やかに育てられた身は、癖がなく親しみやすい

 宿毛市特産の柑橘である「直七(なおしち):正式名称『田熊スダチ』」の乾燥粉末を配合した専用飼料を2ヶ月間以上与え、かつ無投薬で育てた宿毛湾産の養殖マダイを「直七真鯛」と呼んでいます。
 その昔、直七という名の魚商人が魚とともに売り歩いたことからその名がついたと言われてる「直七」。その直七の乾燥粉末を配合した飼料で育てると、美しい真鯛に育つことが試験により明らかになっています。粉末を配合する飼料のベースには、厳選した魚粉などを使用しており、自然に恵まれた良好な環境で良質な餌を食べて育つことで、高い品質を実現しています。
 細かく気を配り、丁寧に育てられた「直七真鯛」。ほんのり甘さを感じる風味が特徴。臭みや、余分な脂はありません。刺身はもちろん、煮ても焼いてもおいしく楽しめます。柑橘の粉末を使っていますが、身から柑橘の香りなどはせず、万人に長く愛される魚です。
 もし他の真鯛を食べ比べる機会があれば、次の方法で比較してみてください。
(1)刺身を1切れ湯のみに入れ、そこに熱湯を注ぐ。
(2)適量の醤油を入れる。
ある著名な料理人に教えていただいた方法です。お試しいただければ、直七真鯛の身の緻密さや臭みのなさがよくわかっていただけるはずです。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

NEW

自然の影響を受けにくい
養殖に適した穏やかな環境で年中を通して生産

 高知県西部に位置する宿毛湾はリアス式海岸特有の深い入り江を持ち、風や波浪の影響が少ない海域です。また、太平洋に面しているため、黒潮の恵みを受けているため海水の交換が良好で、かつ冬場でも水温が15℃を下回ることはほとんどありません。養殖を行う上で極めて良好な環境で、宿毛湾の養殖生産量は高知県内生産量の70%以上を占めています。直七真鯛は、この自然豊かな宿毛湾で丸二年の歳月をかけて育て上げた自信作です。
 直七真鯛は直七の粉末を混ぜた飼料で育てたフルーツ魚です。飼料に直七の粉末を混ぜることにより臭みや余分な脂がない他に、綺麗・美味しい・栄養たっぷりなどの特徴が出ています。直七真鯛は天然真鯛と比べて季節による品質の変動が少ないため、周年を通して出荷していますが、直七の収穫時期である10月は特に美味しいといわれています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他高知県のプライドフィッシュ