文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv
  • ホーム
  • お知らせ
  • プライドフィッシュ イベントレポート 6/14(土)~6/15(日) ”青森県フェアinダイエー甲子園店”

pridefish

お知らせ

プライドフィッシュ イベントレポート 6/14(土)~6/15(日) ”青森県フェアinダイエー甲子園店”

“うめじゃ~!”な青森のプライドフィッシュ深浦マグロが堂々見参!
ライブな解体ショーでうまさ最高潮。

特設ステージの中央に用意されたまな板の上に、ドンと巨大な深浦マグロ。4日前に深浦で水揚げされ、大阪へ運ばれながら熟成が進んだ魚体は、まさに食べ頃です。三村青森県知事が実況中継を行う、「マグロ解体ショー」。プライドフィッシュ全国初のイベントに、多くの注目が寄せられました。

たくさんのお客様たちが視線を注ぐ中カウントダウンが行われ、いよいよ職人さんの包丁が魚体へ入ります。豪快にカブトが落とされると、会場からはオオッ!と歓声が。「私も食べたいッ!」と、三村青森県知事による実況にも熱が入ります。続いてカマが切り落とされると、会場から「そこください!」と威勢のいい買いの声が入りました。この解体ショーは、切り出された身をその場ですぐに購入することができるので、お客様たちはショーを楽しみながらも、その目は真剣。食い入るように職人さんの動きを見つめています。やがて、職人さんが手にしたのは、まるで日本刀のように長い包丁。家庭では見ることのない、「マグロ切り包丁」の登場です。包丁が何度も身を往復すると味が落ちるため、一気に切り落とせるようにこのような包丁が用いられます。サヤを外してその刃が披露されると、会場のテンションも最高潮。次々と柵に分けられていきます。

魚体から切り落とされてすぐの、しっとりとみずみずしい身。自慢の赤身は、まるでルビーのように透き通る輝きで食欲を刺激します。お客様たちは、すぐに手を伸ばし、こっちは脂がのってそう、こっちは食べ応えがありそう…と吟味していました。そして、うれしい試食もたっぷりと振る舞われ、お客様たちも深浦のマグロに納得のご様子。青森の方言で「おいしい」を意味する「うめじゃ~!」の声があちこちから聞こえる、大いに盛り上がったショーとなりました。

会場では、深浦マグロをはじめ、陸奥湾ほたても販売。バーベキューにも最適で、人気を集めていました。これからも、全国各地で開催されるプライドフィッシュのイベントにご期待ください!

  • 解体ショー
  • 解体ショー
  • 解体ショー
  • 解体ショー

EDITOR'S 実食レポート

ほどよい脂が絶妙!夏のマグロは深浦が本命。

解体ショー

青森のマグロと言えば「大間」が有名。正直、「深浦」のマグロは初耳という方も多いのでは。冬に「大間」をはじめとする津軽海峡で揚がる脂ののったマグロは「冬マグロ」といわれ、春から夏にかけて「深浦」をはじめとする日本海で揚がるマグロは「夏マグロ」といわれます。トロけるようでありながら、しつこくない脂の質が最大のポイントです。
さっそく「中トロ」を実食してみます。お餅のようにポッテリとした身は、生マグロならでは。頬ばると、しっかりとコクのある甘みが広がり、やがて濃厚な脂の味わいが感じられます。そして、後味はあくまでもさっぱり。ついついもう一切れに手が伸びます。「マグロのしつこい脂が苦手」という方にも、これは喜ばれそう。リーズナブルな価格もうれしいですね。濃厚さとあっさり感の絶妙バランス。さっぱりと味わえる、夏にぴったりのマグロでした。
そして見逃せないのは、もうひとつのプライドフィッシュ「陸奥湾ほたて」。バター醤油焼きにしようと思いましたが、まずはそのまま焼いてみることに。旨味のエキスをたっぷりと含んだ水分が貝の上でみるみる沸き立ち、香ばしい磯の香りが鼻をくすぐります。たまらず口に含めば、ジュワッと広がる豊かな甘味!バターや醤油も合いますが、まずはそのままで濃厚な味わいを堪能してほしいですね。

青森県のプライドフィッシュ、ごちそうさまでした!
 

青森の魅力を楽しめる「青森県フェア」

この日、ダイエー甲子園店をはじめとする近畿地区9店舗で開催されていたのは「青森県フェア」。プライドフィッシュ「深浦マグロ」の解体ショーをはじめ、特設会場では、三村青森県知事も交えた「津軽名物 スコップ三味線」のライブ、ミスりんごあおもり、ミス・クリーンライスあおもりの皆さんのご挨拶など数々のイベントが催されました。

特設された客席は超満員。株式会社ダイエー 村井代表取締役社長からは、お客様へ安心・安全な商品をご提供するパートナーとして青森県へ熱いエールが送られました。三村青森県知事が語られたのは、「お客様が本当に“良い”と思っていただけるものをお届けしたい」という想い。そして、関西の方からの震災復興支援に、感謝の言葉を述べられました。現地の感覚では、震災から「まだ」3年。これからも、青森県が一体となって、日本全体をハッピーにできるように頑張ります!と決意を新たにされていました。

  • 解体ショー
  • 解体ショー
  • 解体ショー
  • 解体ショー

------------------------------------------------
今回登場したプライドフィッシュは、青森県の以下プライドフィッシュです。

  • LINEで送る

お知らせ一覧へ