文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv
  • ホーム
  • お知らせ
  • 7/30(木)「四国地区」プライドフィッシュPR試食会 イベントレポート

pridefish

お知らせ

7/30(木)「四国地区」プライドフィッシュPR試食会 イベントレポート

JF愛媛漁連・JF香川漁連・JF徳島漁連・JF高知漁連
四県のプライドフィッシュが堂々勢ぞろい!

プライドフィッシュPR試食会、四国に上陸!
四国を囲む豊かな海の幸、そのおいしさをアピール

7/30(木)愛媛県生活文化センターにて、「四国地区」プライドフィッシュPR試食会を実施いたしました。JF愛媛漁連・JF香川漁連・JF徳島漁連・JF高知漁連・JF全漁連による主催、愛媛県、愛媛新聞社、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、FM愛媛の後援をいただいての開催となりました。4県のJF漁連関係者、各種メディア、行政関係者、水産流通関係者のほか、子ども連れの生協組合員ら、約200名もの方々がご来場。スタッフ一同、開会前からプライドフィッシュプロジェクトへの高い注目度を実感いたしました。会場には食材となるプライドフィッシュも展示され、「初めて見た!」「こんな色しているんですね」という声も。 PR試食会は、JF全漁連 大森敏弘常務理事からのご挨拶で開会。続く、水産庁漁政部加工流通課 杉中淳課長からのご挨拶では、魚食を取り巻く現状と四国を囲む海の豊かさとその幸の魅力、そして当プロジェクトに寄せる期待を語っていただきました。

  • 約200名のご参加者で賑わう会場

  • メディア関係者からも熱い注目の的

  • ご当地キャラの「浜鯛長」と「みきゃん」もお出迎え!

  • 地域の誇りと心をこめて調理が進む

  • JF全漁連 大森敏弘常務理事より主催者挨拶

  • 水産庁 漁政部加工流通課 杉中淳課長より来賓挨拶

四国各県の漁連による、プライドフィッシュの
深いストーリーと味のプレゼンテーション。

ご試食いただきながら、プライドフィッシュ企画委員会 中澤さかな運営委員長の司会にて、四国各県の漁連代表者による挨拶とプライドフィッシュのプレゼンテーションが行なわれました。JF愛媛漁連からは、幻の魚と言われる「来島海峡のアコウ(キジハタ)」、本当にうまい養殖真鯛をつくろう!という想いと情熱で生まれた「愛育フィッシュ 愛鯛」。JF香川漁連からは、全国的におなじみのうどんの出汁にも欠かせない「香川県産いりこ」、JF徳島漁連からは、“活鱧ブランド確立対策協議会”が自信を持ってお届けする「とくしまのはも」、香りが際立つ「スジアオノリ」、肉厚な身と磯の風味が魅力の「県南のアワビ類」。JF高知漁連からは、日戻り操業ならではの鮮度が自慢の「土佐沖どれキンメダイ」。各県が凝らすさまざまな工夫や、漁師たちの叡智が活きた漁法、販売促進やブランド化に向けた取り組みの数々に、ご参加の皆さまは感心されているようでした。

中澤さかな運営委員長による総評では、今回登場のプライドフィッシュについてコメントをいただきました。愛鯛を“天然物を超えた養殖鯛”と評され、いりこのスイーツは、その完成度の高さに驚いたとのこと。その他、はもとスジアオノリの塩の絶妙なマッチング、今後の認知度アップに期待がかかる高知のキンメダイのおいしさなど、一品ずつ丁寧に吟味された感想を語っていただきました。最後にJF愛媛漁連 平井義則代表理事会長より、ご参加の皆様への感謝と今後への意気込みを述べさせていただき、大盛況のうちに閉幕を迎えました。

四国の皆さまへ、プライドフィッシュの魅力とおいしさお伝えする機会となった今回のPR試食会。プライドフィッシュプロジェクトは、今後もますます活動を広げてまいります。どうぞご期待ください!!

  • 愛媛県漁業協同組合連合会 平井義則代表理事会長

  • 香川県漁業協同組合連合会 服部郁弘代表理事会長

  • 徳島県漁業協同組合連合会 島田吉久専務理事

  • 高知県漁業協同組合連合会 瀧澤滿代表理事会長

  • プライドフィッシュ企画委員会 中澤さかな運営委員長

  • 漁師自慢の魚の味を堪能される皆さま

  • 会場で注目を浴びたプライドフィッシュたち

  • 特製の水槽で展示した「活はも」も注目の的!

EDITOR'S 実食レポート

愛媛「愛育フィッシュ 愛鯛」を使った
宇和島鯛めし

愛媛「愛育フィッシュ 愛鯛」を使った宇和島鯛めし

鯛出荷量全国一の愛媛が誇るプライドフィッシュ「愛鯛」を使った、宇和島鯛めし。ご飯の上に刺身を乗せ、だしの効いた独特のタレと生卵をかけたうえでネギを散らして仕上げるという、南予地方ならではのお料理です。タレ、卵の風味と調和する、愛鯛の強い旨味と食感が印象的な一品でした。

愛媛「来島海峡のアコウ(キジハタ)」を使った
アコウの煮付け

愛媛「来島海峡のアコウ(キジハタ)」を使ったアコウの煮付け

獲れる時期が限られ、また警戒心の強く漁獲が難しいことから幻の魚と言われる「アコウ」の煮付け。ホロッとほどける身離れの良さ、プリッと引き締まった食感。ほどよく脂の乗った濃厚な味わい。これぞ白身魚!といったおいしさを堪能できる逸品。幻と言われるのも納得です。

香川「香川県産いりこ」を使った
いりこの天ぷら

香川「香川県産いりこ」を使ったいりこの天ぷら

瀬戸内海の中心部、燧灘(ひうちなだ)のカタクチイワシで生産されるいりこ。漁獲から加工までのスピードにこだわったいりこは、雑味がなく洗練された味わい。その天ぷらは、カリッと軽い歯応えと噛むほどに出てくる旨味が魅力。食べだすと止まらない、思わずクセになる一品です。

香川「香川県産いりこ」を使った
瀬戸のスイーツ いり娘(いりこ)

香川「香川県産いりこ」を使った瀬戸のスイーツ いり娘(いりこ)

いりこを香ばしく煮詰めた飴で和え、ココアパウダーで洋菓子風に仕立てた斬新なスイーツです。その食感はパリッとクリスピー。飴がキャラメルのような風味となり、まるでアーモンドなどでつくる洋菓子「フロランタン」のよう。いりこのポテンシャルに脱帽のおいしさです。

徳島「とくしまのはも」・「スジアオノリ」を使った
「とくしまのはも」の天麩羅~スジアオノリを添えて~

徳島「とくしまのはも」・「スジアオノリ」を使った「とくしまのはも」の天麩羅~スジアオノリを添えて~

JF徳島漁連が自信を持ってブランド化を進める「とくしまのはも」を天麩羅に。サクッと心地よい歯触りの衣の奥から出てくるのは、肉厚な白身。ほくほくとした食感と、皮付近のムッチリとした歯応えがアクセントとなった絶妙な味わい。淡白な身に映える、スジアオノリの香りと彩りも印象的。

徳島「県南のアワビ類」を使った
県南のアワビのバター焼

徳島「県南のアワビ類」と使った県南のアワビのバター焼

徳島県県南エリアではさまざまなアワビ類が漁獲されますが、今回の試食会に登場したのは「くろ」ことクロアワビ。絶妙な火加減で、しっとりとジューシーに仕上げられたバター焼きです。肝を漉した黒いソースとの相性は抜群。身の濃厚な甘さと、肝ソースのほろ苦さの見事な調和は感動モノ。

高知「土佐沖どれキンメダイ」を使った
金目鯛の炊き込みごはん

高知「土佐沖どれキンメダイ」を使った金目鯛の炊き込みごはん

一般的には漁場が遠いので、漁獲から水揚げまで時間がかかるところを、日戻りの漁により迅速に水揚げすることで高鮮度を実現した土佐の沖どれキンメダイ。贅沢な炊き込みごはんでの試食です。お米にじんわりと染み込んだ、金目鯛の深い旨味。じっくりと噛むほどに、口の中いっぱいに風味が膨らみます。

高知「土佐沖どれキンメダイ」を使った
金目のあんかけ

高知「土佐沖どれキンメダイ」を使った金目のあんかけ

新鮮な土佐沖どれキンメダイを揚げ、彩りのよい季節の野菜を使ったあんを絡めた一品。表面はカリッと、中身はふんわりと揚げられた身はホクホク。上品な白身ながら、具だくさんのあんとも上手く調和するのは、その味が濃厚だからこそ。引き締まった食感に鮮度の高さを実感しました。


------------------------------------------------
今回登場したプライドフィッシュは、以下のプライドフィッシュです。

  • LINEで送る

お知らせ一覧へ