文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

お知らせ

家族と海を味わう、学ぶ with PRIDEFISH 速報レポート

夏休み本番の東京丸の内にて、家族でプライドフィッシュを楽しめるイベントを4日間開催!

たくさんの思いが語られたオープニングセレモニー

 8月6日(木)~9(日)の4日間、東京駅前の丸ビルを中心に、日本財団が実施する「海でつながるプロジェクト」の一環として、「家族と海を味わう、学ぶ with PRIDE FISH」を開催しました。
>家族と海を味わう、学ぶ with PRIDE FISHについて
>海でつながるプロジェクトについて

 マスコミ・関係者の方々を招いてのオープニングセレモニーでは、日本財団海洋チーム 荻上健太郎上席チームリーダー、JF全漁連 長屋信博代表理事専務の主催者挨拶に続き、来賓を代表して水産庁の本川一善長官から日本の魚食を盛り上げる取り組みへの感謝が述べられました。そして日本財団 有川チームリーダーによる「海でつながるプロジェクト」の詳細と今回のイベント説明の後、プライドフィッシュプロジェクト企画委員会の中澤さかな運営委員長から、長年水産業に携わってこられた経験談も交えながらプライドフィッシュプロジェクトについての説明が行われました。
 続いてプライドフィッシュプロジェクト企画委員会 上田勝彦委員、金井美稚子委員も壇上に上がり、プライドフィッシュへの思いや今後の展開などについて賑やかにトーク。最後にプライドフィッシュプロジェクト企画委員会の服部幸應会長、さかなクンからのメッセージ動画も放映され、和やかなムードでイベントの幕が上がりました!

  • 丸ビル1階WIRED CAFE前テラスがプライドフィッシュ一色に!

  • 全国のプライドフィッシュ一覧も展示

  • 日本財団海洋チーム 荻上健太郎上席チームリーダーの主催者挨拶

  • JF全漁連 長屋信博代表理事専務の主催者挨拶

  • 水産庁 本川一善長官の来賓挨拶

  • 左から中澤さかな運営委員長、金井美稚子委員、上田勝彦委員によるトーク

ランチ・ディナーで味わうプライドフィッシュ

 今回のイベントの目玉は、4日間「ランチ」と「ディナー」でプライドフィッシュを味わえること。ランチでは、丸ビル1階のWIRED CAFEでプライドフィッシュを使った4品の料理を提供。限定メニューの開発は2011-2015 ミス・ユニバース・ジャパンオフィシャルトレーナーを務める細川モモさん(予防医療コンサルタント)にご担当いただき、「岩手の秋さけ(いくら)」と「宮城サーモン(伊達のぎん)」を使った『ゆず香るあぶり鮭といくらの親子丼』、「富山湾のシロエビ」を使った『白海老のエスニックパインセオ』、青森の「陸奥湾ほたて」を使った『帆立と里芋のリゾット』、熊本の「川口産大和蛤」を使った『蛤とキノコの豆乳クリームパスタ』の4品を用意。幅広い世代の方に、手軽においしくプライドフィッシュを楽しんでいただきました。

 一方ディナーでは、服部幸應氏を会長とした、丸の内エリアで店舗を構えるシェフの会「丸の内シェフズクラブ」にご協力いただき、7店舗でプライドフィッシュを使った料理を提供。「ミクニマルノウチ」「恵比寿笹岡」などの有名店で、「富山湾のシロエビ」、徳島の「県南のアワビ類」などを使った技巧を凝らした料理が振る舞われ、まさにプライドフィッシュの本領発揮と言える至高の味をお届けしました。

>ランチ・ディナーメニュー詳細はこちら

  • 岩手「岩手の秋さけ(いくら)」、宮城「宮城サーモン(伊達のぎん)」を使った、ゆず香るあぶり鮭といくらの親子丼

  • 青森「陸奥湾ほたて」を使った帆立と里芋のリゾット

  • 富山「富山湾のシロエビ」を使った白海老のエスニックパインセオ

  • 熊本「川口産大和蛤」を使った蛤とキノコの豆乳クリームパスタ

子どもたちに人気!楽しいステージと料理教室

 また、WIRED CAFE併設のテラススペースでも様々なイベントを行いました。8/6(木)はプライドフィッシュ企画委員の上田勝彦氏(ウエカツ水産代表、東京海洋大学客員教授)によるお魚講座「今日もサカナでお願いします!~プライドフィッシュのおいしい話~」を実施。魚食の現状や、家で手軽においしく魚を食べる方法が伝授され、来場者の方々は興味津々の様子でした。8/7(金)には料理レシピ開発にご協力いただいた細川モモさんによる魚と健康・美の関係についての講義「身体に海の恵み」が行われ、多くの女性が来場されました。

 続く8/8(土)・9(日)は子ども向けのステージを実施。大人気のKIRIMI.ちゃんのステージでは、ダンスやクイズを楽しみ子どもたちは大喜び!また、自分で描いたイラストの魚がそのままモニターで泳ぐ「お絵かきワークショップ」も大勢の来場者で賑わいました。さらに、ホームメイドクッキング有楽町教室では子ども向けの料理教室も実施。愛媛のプライドフィッシュ「愛育フィッシュ 愛鯛」を使った「レインボーロール」や「カラフルサラダ」を親子でクッキング!食材を提供したJF愛媛漁連から神森博課長もかけつけ、愛鯛の育て方や味についてのこだわりが説明される等、子どもたちをはじめ、ご家族で海と魚に触れ、学び、存分に楽しんでいただけた4日間となりました。

  • 上田勝彦委員の講演「今日もサカナでお願いします!~プライドフィッシュのおいしい話~」

  • 細川モモさんのトークショー「身体に海の恵み」

  • KIRIMI.ちゃんのダンスで盛り上がる会場

  • 描いた魚が泳ぐ!お絵かきワークショップ

  • JF愛媛漁連 神森博課長による愛鯛の解説

  • 料理教室でお父さんやお母さんと一緒に頑張る子どもたち

EDITOR'S 実食レポート

「富山の宝石」と言われる富山湾のシロエビは、
エスニック料理にもマッチ!

 WIRED CAFEでランチ提供した4品のうちの一つ、「白海老のエスニックパインセオ」。パインセオはベトナム料理で、日本で言うお好み焼きのようなものです。富山が誇る美しい高級魚「富山湾のシロエビ」とエスニック料理は合うのか?!とドキドキしながら試食したところ、見事にマッチ!シロエビの香ばしく濃厚な味わいは、独特のクセのある調味料にも負けていません。付け合わせの野菜もたっぷりで、さらに全体のボリュームが女性にちょうどいいのも嬉しいところでした。オシャレなカフェメニューになっても存在感を発揮するプライドフィッシュ、今回のイベントで多くの方に食べていただけて嬉しいです!


------------------------------------------------
今回登場したプライドフィッシュと提供した店舗です。

  • LINEで送る

お知らせ一覧へ