文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

お知らせ

ふるさとの食 にっぽんの食全国フェスティバル出展

ふるさとの食が盛りだくさんの2日間
魚や漁業を知り、体験し、味わうさまざまなイベントを実施!
 
 2016年3月12日(土)・13日(日)、渋谷のNHK放送センター及び代々木公園で、「ふるさとの食 にっぽんの食全国フェスティバル」が開催されました。JA全中、大日本水産会、NHKと共に全漁連が主催に名を連ねる本イベント。「日本の食文化の伝承」「地産地消」「食育」をテーマに、北海道から九州まで、全国各地の郷土料理の販売や特産品の物販などが行われました。NHKの番組キャラクターが登場するステージショーや、食にちなんださまざまなワークショップもあり、2日間通して約5万人が来場しました。
 
 全漁連ブースでは、恒例のプライドフィッシュのポスターやパネル展示、シーフード料理コンクールレシピ等の配布のほか、貝殻お絵かきや福島の漁師によるロープワーク、網作り体験を実施。ホタテの貝殻に思い思いの魚の絵を描いたり、ロープの結び方を習ったりと、多くの子どもたちが楽しんでいる様子でした。また、ブース前で行われた大日本水産会による投網・一本釣り体験も、家族連れで行列ができるほどの人気でした。さらに、12日(土)には、ステージでJF全国漁青連によるおさかなクイズも実施!3名の若手漁師が登壇し、手掛けている漁についての説明やクイズを行いました。破れた網をその場で直す実演などもあり、会場は大いに盛り上がりました。
 
 また、今回は東日本大震災から5年を迎える節目の年ということもあり、東北の食材や食文化の魅力を伝えるブースも設けられました。ここでは両日とも、JF全国漁青連、JF全国女性連による福島の魚介を使った「たこ飯・たら汁」チャリティー販売(限定200食)を行いました。その他にも、会場内にはJF千葉漁連やJF東京漁連、JF愛媛漁連、JF福岡ぎょれん・JF福岡有明海漁連がブース出展し、物販や料理販売を実施。幅広い年齢層の方に、プライドフィッシュを含め、魚や漁業に触れていただくことができた2日間でした!
  • チラシ・レシピなどを手に取る方も
  • プライドフィッシュの貝殻お絵かきに挑戦!
  • 福島の漁師がロープの結び方を伝授!
  • 初めての投網体験にわくわく
  • クイズを通して漁業や魚についてお勉強
  • たこ飯・たら汁チャリティー販売
  • LINEで送る

お知らせ一覧へ