文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

おいしいレシピ

<日本放送協会会長賞>
魚介たっぷり。紅白弁当

【第14回シーフード料理コンクール受賞レシピ】
ハレの日に食べたいお弁当は、紅白を基調に

華やかな色合いは、おめでたい気分を盛り上げるとともに食欲をそそります。子どもも食べやすい味付けなのもポイント。


タグ:キンメダイ エビ 弁当 第14回シーフード料理コンクール受賞レシピ

レシピ

【献立】
・桜海老と蕪葉と菊のご飯
・金目鯛幽庵地★
・蕪と海老真薯のあんかけ★
・だし巻き卵
・ほたてと春菊、しいたけのお浸し
・じゃがいもと三つ葉のたらこシャキシャキ和え
・蕪の甘酢漬け・梅酢漬け
 
※★印の料理のレシピを掲載しています。

 
[金目鯛幽庵地の材料(4人分)]
きんめだい(切り身) 8切れ/しょうゆ 100ml/みりん 100ml/酒 100ml/黄ゆず 1/2個
 
[蕪と海老真薯のあんかけの材料(4人分)]
かぶ 4個/しいたけ 2枚/いんげん 4本/しょうが 1片/えび 30g/白身魚のすり身 20g/卵白 1/4個分/水溶きくず粉 小さじ1/塩 少々/だし汁(昆布味) 適量/くず粉パウダー 適量/水溶きくず粉 適量
[浸し汁(最後にかけるあんの分を含む)]一番だし汁 800ml/薄口しょうゆ 45ml/みりん 55ml/塩 小さじ1
 
 
[金目鯛幽庵地の作り方]
(1)しょうゆ、みりん、酒を合わせる。合わせた調味料に輪切りにした黄ゆずを軽くしぼって加える。
(2)切り身を(1)に約10分漬ける。
(3)熱したグリル(中弱火)で切り身を焼く。途中で漬け汁を2度はけで塗りながら、火が通るように焼く。
 
[蕪と海老真薯のあんかけの作り方]
(1)かぶは六方剥き(天地を切り、その切断面が正六角形になるように皮をむくこと)にし、中をくり抜く。蒸し器で約8分蒸す。
(2)浸し汁のだし汁と調味料を合わせひと煮立ちさせる。100ml分は冷ます。
(3)しいたけは半分に切り、塩ゆでしてざるにとって浸し汁に漬ける。
(4)いんげんは塩ゆでし、冷水に取って冷ます。冷ました浸し汁に漬ける。
(5)(1)のかぶに火が通ったら、浸し汁に漬ける。
(6)しょうがはすりおろす。
(7)えび真薯を作る。えび20g(残り10gは飾り用にとっておく)を細かく刻み、さらに包丁でたたく。たたいたえびと白身魚のすり身を合わせてよくする。
(8)卵白、水溶きくず粉、昆布だし、塩の順に入れ、さらによくする。
(9)かぶを浸し汁から取り出し、くり抜いた穴にくず粉パウダーをはけで薄くつける。(8)を中に詰めて、再び蒸し器で蒸す。
(10)5分くらい蒸したら、残しておいたえび10gを1cm角に切ってのせ、さらに3分蒸す。
(11)浸し汁を火にかけ、水溶きくず粉を加えてあんを作る。蒸し上がった(10)、いんげん、しいたけを盛りつけ、あんをかける。しょうがを添えて完成。

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

おいしいレシピ一覧へ