文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

おいしいレシピ

<日本放送協会会長賞>
北寄貝と鮭の
大漁祈願弁当

【第14回シーフード料理コンクール受賞レシピ】
テーマは「漁師の夫が船の上で食べるお弁当」

考案者は漁師の奥さん。夫の豊漁を祈願して、北海道で水揚げされた北寄貝や秋鮭を使用しています。フリッターに使っているハスカップも北海道の特産です。


タグ:ホッキ貝 サケ 弁当 第14回シーフード料理コンクール受賞レシピ

レシピ

【献立】
・おにぎり3種(梅、さけ、ほっき)
・ホッキの卵焼き★
・ホッキのフリッター銀杏添え★
・鮭団子★
・鮭のマヨネーズ焼き
・ピクルス(にんじん、パプリカ、紫玉ねぎ、きゅうり)
 
※★印の料理のレシピを掲載しています。

 
[ホッキの卵焼きの材料(4人分)]
ほっき 1個分の身とひも/小ねぎ 少々/卵 3個/だし汁 大さじ2/酒 大さじ1/塩 少々/油 適量
 
[ホッキのフリッター銀杏添えの材料(4人分)]
ほっき 4個分の身/ぎんなん 8個/天ぷら粉 大さじ2/炭酸水 大さじ3/ハスカップソース(※) 適量/塩、こしょう 適量/油 適量
※ハスカップソース作り方:ハスカップ…10g、バルサミコ酢…大さじ1、砂糖…10gをとろりとするまで煮詰める。
 
[鮭団子の材料(4人分)]
秋さけ(切り身) 2切れ/塩昆布 少々/酒 大さじ1/油 適量/だし汁 大さじ4/しょうゆ、みりん 各少々/水溶き片栗粉 大さじ2
 
 
[ホッキの卵焼きの作り方]
(1)ほっきの身とひもを細かく切る。小ねぎは小口切りにする。
(2)卵を溶きほぐし、だし汁、酒、塩、小口切りにしたねぎ、ほっきを加えて混ぜる。
(3)卵焼き器に油をひき、(2)を流して焼く。
 
[ホッキのフリッター銀杏添えの作り方]
(1)ほっきの身を開き、水けを取る。半分に切り、軽く塩、こしょうをふる。
(2)天ぷら粉と炭酸水を混ぜ、衣を作る。
(3)ほっきに衣をつけ、高温の揚げ油でサッと揚げる。ぎんなんは素揚げする。
(4)それぞれ串に刺し、ハスカップソースをかける。
 
[鮭団子の作り方]
(1)さけは骨と皮を取り除き、酒と一緒にミキサーにかける。なめらかになったら、塩昆布を刻んで加える。
(2)一口大の団子状に丸める。熱湯に入れてゆで、火が通ったら、水けをきる。
(3)フライパンに油をひき、(2)を入れて、焼き色がつくように焼く。
(4)だし汁にしょうゆ、みりんを加えて煮立て、水溶き片栗粉を加えてあんを作リ、(3)にからめる。
 
[ホッキおにぎりの解説]
身1個とひも4個分のほっきは軽く湯通ししてから、身は1cm角に、ひもは細かく切り、山わさびの醤油漬け(適量)と混ぜて、しばらく置き、味を馴染ませてから、ご飯(1合分程)にごま(適量)と一緒に混ぜ、俵型に4つ握る。

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

おいしいレシピ一覧へ