文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

全国のプライドフィッシュ

東京都

東京(大島)のトコブシ


旬:3~7月

やわらかい身と食感が絶妙。
島の海で採れる高級貝

プライドストーリー

甘辛く煮た「トコブシ煮付け」は大島の郷土料理!
おかずに、おつまみに。至福の味を堪能ください

 複雑な海底地形と黒潮などの海流と相まって好漁場が形成されている大島周辺海域で、トコブシは漁獲されます。トコブシはアワビの仲間(ミミガイ科)で、主に潮間帯の転石に生息。水深20mくらいまで分布していて、殻長は7cmほどにもなります。貝殻の形によって、丸みがあり空が膨らんでいるフクトコブシ型、薄く成長脈が強いナガラメ型、トコブシ型の3型に分類されますが、大島で採れるものは大半がフクトコブシ型。そのなかで殻長4.5cm以上のものを、「東京(大島)のトコブシ」と呼んでいます。
 かつては磯で手軽に採れていたトコブシですが、現在では量が激減し高級なものになりました。味や栄養素はアワビとほぼ同じですが、アワビとは違い熱を通しても硬くならず、やわらかいのが特徴。大島では、トコブシを醤油と酒と砂糖で殻ごと煮込んでつくる「トコブシ煮付け」が郷土料理として知られています。また、新鮮な魚介類が展示販売される海市場では大島町の優良特産品に選ばれているトコブシ煮付けの商品が販売されています。甘辛く味付けされたトコブシは、ご飯のおかずにも酒のおつまみにも最高!ぜひ口にして至福の時を感じてください。
 また、トコブシは別名で「フクダメ」と呼ばれることから、「福がたまるように」と願った縁起ものとしても扱われます。節句の神饌のひとつとして、おせち料理の重箱の4段目に入る煮物として用いられることもあります。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

大島の豊かな海域で行われる素潜り漁。
熟練の漁師が、東京産トコブシの9割を漁獲しています

 東京都産のトコブシは、約9割が大島全域で採れたもの。国立公園に指定されている大島全域で漁師による素潜り漁で水揚げされます。海面で空気を吸い込んで一気に海底に潜り、一匹一匹捕獲するこの漁はまさに職人技。近年、漁師の高齢化が進んでいますが、息の続く限り潜水を続ける素潜り漁で鍛えられたその身体は強く、達者で元気です。
 貴重な海の恵みを守るため、禁漁期間や禁漁区間(育成区間)の設定、漁獲サイズの制限など、資源管理を徹底。さらに、毎年95,000匹の稚貝を海中に潜り岩礁へ置き放流するなど、貴重な海の幸を守るための熱心な取り組みも行っています。この稚貝の約2割程度が天然海域でたくましく成長し、漁獲されています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他東京都のプライドフィッシュ