第22回シーフードコンクール
シーフード料理コンクールとは?

「シーフード料理コンクール」は、新鮮な感性と豊かなアイディアを活かしたオリジナルレシピを募集し、優秀作品を広くPRすることで、お魚料理をより身近に楽しんでいただくとともに、お魚料理の美味しさを再発見していただくことを目的としています。

テーマおよび部門

おうちでガツンとギョ(魚)料理 ~魚しか勝たん~
食事のメインになるお魚料理を募集

1プロを目指す学生部門

調理師専門学校・高等学校調理科・栄養専門学校・短期大学・大学で専門的に調理・栄養を勉強している学生、および将来食のプロを目指している同類の学生、漁業関係推薦の同学生

「プロを目指す学生部門」は、将来自分が目指す職業(フレンチ、イタリアン、和食、町中華、給食、社食、お弁当屋さん等)をイメージした、お魚をガツンと食べられる料理。

2お魚料理チャレンジ部門

1部門以外の学生(小・中・高・大・専門学生等)、一般の方(プロアマ問わず)、および漁業関係推薦の方

「お魚料理チャレンジ部門」は、魚をガツンと食べたいシチュエーション(場所・人・行事等)をイメージした料理。

応募条件

材料

  • 国産魚介藻類(地元や身近な魚、貝、海藻、プライドフィッシュ等)と野菜を使用する。地元や思い入れのある土地の食材も積極的に取り入れること。
  • 試食審査(12月上旬)に入手できる食材を使用する。応募時は代わりの食材でも可。使用予定の食材名を明記。

レシピ

  • 国産魚介藻類を使った一品料理。(ごはん系、汁物系、おかず系、おやつ系など)
  • 料理には、国産魚介藻類のほかに、野菜も組み合わせるなど全体のバランス(彩りなど)も考慮する。
  • 自宅での調理がしやすいように作り方(工程)や材料数などを工夫する。
  • プロを目指す学生部門は、将来自分が目指す職業(フレンチ、イタリアン、和食、町中華、給食、社食、お弁当屋さん等)をイメージした、お魚をガツンと食べられる料理を考案する。
  • お魚料理チャレンジ部門は、魚をガツンと食べたいシチュエーション(場所・人・行事等)をイメージした料理を考案する。

材料費のめやす

2人分3,000円程度

調理時間のめやす

2人分 40分以内(下ごしらえの時間を含む。但し、炊飯器での炊飯時間、だし汁をとる時間は除く)

応募方法

①WEBサイトから直接応募:2021年9月24日23:59まで受付
応募フォームから必要事項を入力、料理写真を添付して期日までに申し込んでください。

②郵送:2021年9月24日当日必着
指定の用紙(チラシ、またはWEBサイトからダウンロード)に必要事項を記入し、料理写真を添えて、締切までに郵送してください。応募用紙は下記よりダウンロードできます。

※お使いのパソコン環境によっては、エクセルファイルのダウンロードができない場合があります。 PCの場合、上記、文字の上で右クリックして開くメニューからファイルを保存してエクセルデータをご利用ください。

学校単位で応募する場合、下記の応募者名簿をご利用ください。

※お使いのパソコン環境によっては、エクセルファイルのダウンロードができない場合があります。 PCの場合、上記、文字の上で右クリックして開くメニューからファイルを保存してエクセルデータをご利用ください。

宛先

〒104-0033
東京都中央区新川1-28-44 新川K・Tビル
JF全漁連 消費拡大対策室内
「第22回シーフード料理コンクール」係
TEL 03-6222-1321

各賞

農林水産大臣賞
水産庁長官賞
大日本水産会会長賞
日本放送協会会長賞
日本おさかなマイスター協会会長賞

ほか 各賞を予定、副賞も
ご用意しております。

レシピを応募された方の中から10名様に
おいしい水産物
プレゼントいたします!!
詳細は決まり次第お知らせします。

審査・表彰式

審査

(1)書類審査:

2部門で計16名以内を選定します。(審査通過者には2021年11月5日(金)までにご連絡いたします)

(2)試食審査:

主催者側での料理再現を行い、審査委員による試食審査にて受賞作品を決定します。詳細は書類審査通過者へ別途通知します。

(3)選考・審査基準:

各部門のテーマに沿って

  • おいしさ…魚介藻類の持っている特性が十分活かされているか
  • 独創性…アイディア、オリジナリティがあるか/彩り・盛り付けの取り合わせ
  • 普及性…魚介藻類の消費拡大に貢献できるか/効率的に調理できる工夫がされているか

などの項目について総合的に採点します。

書類審査では、レシピや料理写真を中心に全体のバランス (主に彩りなど)を考慮し審査を行います。

審査委員

服部 幸應 氏

服部 幸應 氏

(学校法人服部学園 理事長・服部栄養専門学校 校長)
他7名

応募締め切り

2021年924日(金)

※当日必着

試食審査・結果発表

結果発表12月上旬予定

決まり次第、お知らせします。

アドバイス・応募上の注意

事務局からのアドバイス

書類審査のポイント 

  • 料理の写真は、審査の大きなポイントです。料理は、特徴がよくわかるように盛りつけましょう。また、ピントを合わせる、明るいところで撮影するなど、おいしそうに見えるように撮り方を工夫しましょう。
  • 簡単に作れるよう材料数や作り方(工程)を工夫しましょう。
  • 作り方は、箇条書きにするなど、作る段取りを考えながら、出来るだけわかりやすく簡単に書きましょう。
  • 作る料理によって魚介藻類の香りや食感が生きるレシピを考えましょう。(素材の特長を生かした料理を作りましょう)
  • 料理を食べる人を思い浮かべながら作りましょう。

使用した魚介藻類を選んだ理由、料理の推しポイントも忘れずに!

応募上の注意

  • 作品は未発表および発表予定のないものに限ります。
  • 応募作品の諸権利は、JF全漁連(全国漁業協同組合連合会中央シーフードセンター)に帰属し、返却は原則として行いません。
  • ご応募に伴う個人情報は、本コンクールの運営のために利用します。また、この目的の範囲内で、WEBサイトやレシピブック等に掲載するとともに、会員その他の関連団体・関連会社との間で共同利用、または第三者に提供することがあります。
  • コンクールの審査風景動画やその他関係動画はWEBサイトなどにアップさせていただきます。
  • 新型コロナウィルス感染拡大に伴う試食審査・表彰式の変更はWEBサイトにて通知します。

レシピ募集に関するQ&A

現住所以外のご当地食材を使った料理の応募も可能です。ぜひ、ご応募ください。


レシピは何通でもご応募可能です。皆さまのアイディアレシピをお待ちしております。また、グループで考えたレシピのご応募も可能です。

ちょっと一息

受賞者やレシピの掲載情報をご紹介します。

▶朝小かぞくの新聞でお魚料理チャレンジ部門農林水産大臣賞「ブリチャーシュー」をウエカツこと上田勝彦氏が料理再現

▶高知さんさんテレビでプロを目指す学生部門農林水産大臣賞の岡林さんのニュースが取り上げられました。

JF全漁連WEBメディア「Sakanadia」より

▶【特集・魚食】受賞者の今「すべては家族のために」
広島県・大中久子さん。過去4回受賞。家族を思い料理を作る大中さんが受賞した料理はお惣菜中心。食べる人のことを考え、ひと手間を惜しまない。

▶【特集・魚食】受賞者の今「相可高校で学び、一流ホテルに就職」
高校生レストラン「まごの店」で有名な三重県立相可高校食物調理科は、シーフード料理コンクールで多くの受賞者を輩出している。その中でも最高賞の農林水産大臣賞を受賞したことがある2名の卒業生を追った。

【コンクール問い合わせ先】
JF全漁連 消費拡大対策室内
「第22回シーフード料理コンクール」事務局
TEL 03-6222-1321
(平日9:00-16:00 ※昼休12:00-13:00)

主催:
全国漁業協同組合連合会(JF全漁連中央シーフードセンター)
後援:
農林水産省 NHK  一般社団法人大日本水産会 プライドフィッシュプロジェクト企画委員会
特別協力:
全国漁業共済組合連合会 全国共済水産業協同組合連合会 全国漁連のり事業推進協議会
協力:
日本おさかなマイスター協会 一般社団法人日本さかな検定協会 公益社団法人全国調理師養成施設協会
一般社団法人全国栄養士養成施設協会 全国高等学校家庭クラブ連盟 全国家庭科教育協会
一般社団法人全国料理学校協会 NPO日本食育インストラクター協会 海と魚と食を考える会
パルシステム生活協同組合連合会