文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

全国のプライドフィッシュ

岡山県

流瀬のかつお
(まながつお)


旬:6~8月

『流瀬のかつお(まながつお)』のいぶし銀の輝き!
これは漁師や漁協の人しか知らない光景!
※赤字はプライドフィッシュクイズの答えです。

プライドストーリー

岡山で“かつお”といえば、“まながつお”!岡山が誇る高級魚!
なんと言っても、刺身が最高!岡山の真夏の御造りになくてはならない存在!

 岡山では“かつお”というと“まながつお”のことを言う。
 6月、ふぐが去り、さわらが通り過ぎ、真いかも落ちてしまった頃、魚縞の最終ランナー『流瀬のかつお(まながつお)』がやってくる!梅雨のうっとおしい季節が始まる頃には、漁師たちはさわらの網を“かつお”網に積み替え、『流瀬のかつお』漁の準備にかかる。漁期はこれから、真夏の盛り、ぎらぎら照り付ける陽を浴びて全長800mもある刺し網を“かつお”の通り道に入れて行く。しばらく潮の流れに任せて、網と一緒に流れ、頃合いをみながら揚げ始める。そのうち、揚がる網からキラキラと“かつお”のまばゆい光が見えてくる。まるで、メタリックな白銀細工!船に揚げると細かいウロコに全身覆われて、いぶし銀の輝き!これは漁師や漁協の人しか知らない光景。
 “かつお”の鱗はとても剥がれやすく、トロ箱に建てるころにはほとんど剥がれてしまう。魚屋さんの店頭では事前に水洗いを済ませるので、背にかけて薄紫を帯びたきれいなクリーム色の魚になってしまう。
 『流瀬のかつお(まながつお)』はなんと言っても、刺身が最高!岡山の真夏の御造りになくてはならない存在!鮮度落ちがとても早いので、岡山の地元ならではの一品!
 その身はくせがなくとても滑らかな食感で、脂肪も少なくあっさりとした味。刺身に加えて、照り焼き、味噌漬け、あらの煮付けなどどれも絶品!岡山が誇る高級魚!
 まさに真夏のプライドフィッシュ!

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

潮の流れを泳ぎのぼる内に行く手をはばむカーテンにつきささる『流瀬のかつお(まながつお)』
そんな漁場と魚の特性を生かして、漁師は巧みに漁をする!

 岡山県全域の、海が開けた灘を漁場を漁場とした海域で行われる「流し刺し網(流瀬網)」で漁獲され、県東部から西部の主な漁協に水揚げされます。他に「底曳網」「定置網」でも水揚げされます。
  <流し刺し網(流瀬網)漁業とは >
 まながつおやさわら、ひらめなど海の開けた灘を瀬戸内に流れ込んでくる潮に乗って泳ぐ魚を、その進路を阻むようにカーテンのように網を入れ、網の目に突き刺して獲る漁法です。「かつお流瀬漁」は基本的に昼間の漁で、1統の網の長さは数百mにもおよび、船は流れを遮るように入れた網とともに数時間潮流に乗って流れ、頃合いを見て網を揚げ、それを数回繰り返します。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他岡山県のプライドフィッシュ