文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

大阪府

茅渟の海のクロダイ


旬:12~3月

「チヌ」とも呼ばれ、
その名の通り「茅渟(チヌ)の海」を代表する魚

プライドストーリー

ほどよい歯ごたえの白身は、どんな料理にもぴったり。
大阪の漁師がおすすめする、大阪湾の冬の味覚

 古くから「茅渟(チヌ)の海」と呼ばれ、好漁場として多くの魚介類が漁獲されてきた大阪湾。「茅渟の海」の由来はいくつかあり、一つは初代天皇である神武天皇の皇兄「彦五(ひこいつ)瀬(せの)命(みこと)」が戦傷を受け、その血がこの海に流れ、「血(ち)沼(ぬ)」から由来するといわれています。また、瀬戸内海から大阪湾一帯をを支配していた神様「珍彦(ちぬひこ)」<別名:神知津彦(かみしりつひこの)命(みこと)」とも、椎根津彦(しいねづひこの)命(みこと)>から由来しているともいわれています。この「茅渟の海」で獲れる代表的な魚がクロダイだったことから、チヌとも呼ばれるようになりました。
 クロダイはマダイに比べて胸ビレが大きく、口が突き出ているのが特徴。護壁の壁面に静止し、付着生物をついばんで食べます。春から秋にかけては水深1mほどの浅場に大型がいることも。性転換する魚として有名で、1~2歳はオスで、3歳になるとメスが現れ、その後は雌雄半数ずつになります。マダイと比べ少し値段は安いですが、冬場に旬を迎えたクロダイはマダイにも勝るとも劣らない、大変おいしい漁師おすすめの魚です。大阪の商人は昔から縁起を担ぎ、正月の睨み鯛には赤地(字)のマダイではなく、1年間の黒字を願ってクロダイを使ったといわれています。
 脂の乗った冬場のクロダイは、白身でほどよい歯ごたえが魅力。淡白な身は和洋中どんな料理でもぴったり。刺身や洗いのほか、塩焼きや中華風蒸し物、ムニエルにしても絶品です。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

長年にわたって放流を行い、豊富な資源量を誇るクロダイ。
釣り人の間でも、高い人気を誇ります

 主に「小型底引き網(板引き網)」や刺網などで漁獲されます。板引き網は、2本のロープに結び付けられた開口板が大きく網を開かせて漁獲する漁法です。大阪府では、長年クロダイを栽培漁業対象種として放流を行っています。その結果資源量が増加し、今では100~200tの安定した漁獲が見られます。クロダイの仲間のキビレ(キチヌ)という魚は、クロダイに比べて旬がやや早く、秋に多く漁獲されます。
 また、釣りの対象種としても根強い人気のあるクロダイ。大阪府北部の海岸では、クロダイ狙いの釣り人が多く訪れます。
 主な水揚港は、堺市出島漁港、阪南港、佐野漁港等です。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他大阪府のプライドフィッシュ