第21回シーフードコンクール

最優秀賞 農林水産大臣賞

ブリチャーシュー

【主な魚介藻類】ブリ

ブリチャーシュー

京都府

庄 孝志さん
(自営業)

脂ののったブリを切り分けて、さっと焼いて、たれに漬込んでチャーシュー風にしました。薬味野菜・大根おろしと一緒にあっさり食べたり、たれをかけて丼ぶりにしても美味しく食べることができます。地元の伊根ブリは、大好物の魚です。

材料と作り方

(2人分)

ブリチャーシュー

  • ぶり(刺身用さく) 300~350ℊ(または切った刺身約16切れ)
  • ごま油 適量
  • 大根 1/4本(約200ℊ)
  • レモン汁 1/2個分
  • (薬味)
     かいわれ菜 1パック
     大葉 5枚
     みょうが 1個
  • (たれ)
     にんにく 2かけ
     しょうが 30g
  • (A)
     薄口しょうゆ、ごま油 各大さじ1
     しょうゆ、みりん、オイスターソース 各大さじ2
     酒 大さじ4
  •  水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1を水小さじ2で溶く
  •  粗びきこしょう 適量

作り方

  1. 1ボウルに(A)を入れ、皮をむいてつぶしたにんにくとすりおろししょうが汁を加え混ぜてたれを作ります。
  2. 2ぶりは3~4㎜厚さのそぎ切りにします。フライパンにごま油を薄くのばして熱し、ぶりを入れ、両面3~4秒ずつ焼き色がつくように焼き(中は少しレアくらいの状態)①のボウルに入れ15分漬け込みます。
  3. 3大根は皮をむきすりおろして、ざるに入れ、水けを2/3量程絞り、レモン汁大さじ1を加え混ぜます。かいわれ菜は根を除き半分に切り、大葉とみょうがは半分に切って細切りにし、合わせて水に放ち、ざるに上げて水けをきります。
  4. 4ぶりをキッチンペーパーの上で汁けを拭き取ります。②の残ったたれをざるでこして鍋に移し火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつけてかけだれを作ります。
  5. 5器にぶりを並べて④を適量かけ、粗びきこしょうをふりかけます。③の薬味をのせて大根おろしを添えます。
 
主催:
全国漁業協同組合連合会(中央シーフードセンター)
後援:
農林水産省 NHK 一般社団法人 大日本水産会 フード・アクション・ニッポン推進本部 プライドフィッシュプロジェクト企画委員会
特別協力:
全国漁業共済組合連合会 全国共済水産業協同組合連合会 全国漁連のり事業推進協議会 海と魚と食を考える会
協力:
日本おさかなマイスター協会 一般社団法人日本さかな検定協会 公益社団法人 全国調理師養成施設協会 一般社団法人 全国栄養士養成施設協会 全国高等学校家庭クラブ連盟 全国家庭科教育協会 一般社団法人 全国料理学校協会 NPO日本食育インストラクター協会 海と魚と食を考える会 パルシステム生活協同組合連合会

プライドフィッシュを使用したレシピはプライドフィッシュWEBサイトにて公開、または今後開催予定の「Fish-1グランプリ」のプライドフィッシュ料理コンテストへ自動エントリーさせていただく場合があります。ご了承ください。