第21回シーフードコンクール

水産庁長官賞

三海丼

【主な魚介藻類】シロエビ・ベニズワイガニ・コンブ

三海丼

富山県

上田 安希さん
(富山県立雄峰高等学校専攻科生活科学科調理師養成課程2年)

一品で三種の富山の海の幸を楽しめるように工夫しました。始めにかき揚げ丼として味わってもらい、途中、出汁をかけてお茶漬けにして味の変化を楽しみます。

材料と作り方

(2人分)

三海丼

  • しろえび 140g
  • べにずわいがにの身 40g
  • おぼろ昆布 適量
  • みつば 2本
  • 白髪ねぎ 白ねぎ4cm分
  • (衣)
     卵黄 1個分
     水 100ml
     薄力粉 60g
  • (だし汁)
     だし汁 210ml
     しょうゆ、みりん 各小さじ1
     塩 ひとつまみ
  • (かに飯)*炊いたものを1人70g使用
     米 2合
     しょうゆ 大さじ1
     酒 大さじ2
     みりん 大さじ1/2
     塩 ひとつまみ
  • (打ち粉用)
     薄力粉 適量

作り方

  1. 1かに飯は分量の調味料を入れ、2合分の水を加えて炊きます。炊けてから、かにの身を入れて10分蒸らします。
  2. 2しろえびはひげを切り、打ち粉をまぶします。卵黄と水を合わせて卵水を作り、100g分をボウルに入れ、ふるった薄力粉を加え混ぜ衣を作ります。衣をしろえびになじませます。
  3. 3大きめのみそこし用のざるとお玉を一度油の中にくぐらせ、みそこし用のざるに②を広げるように入れます。170~180℃に熱した油に入れ、上からお玉でしろえびを押さえて揚げます。
  4. 4器にかに飯を丸くのせ、上に③をかぶせ、おぼろ昆布、白髪ねぎ、みつばの葉をのせます。
  5. 5だし汁は材料をひと煮立ちさせ器に入れます。そのままかき揚げ丼として食べ、途中、だし汁をかけてお茶漬けにしていただきます。
 
主催:
全国漁業協同組合連合会(中央シーフードセンター)
後援:
農林水産省 NHK 一般社団法人 大日本水産会 フード・アクション・ニッポン推進本部 プライドフィッシュプロジェクト企画委員会
特別協力:
全国漁業共済組合連合会 全国共済水産業協同組合連合会 全国漁連のり事業推進協議会 海と魚と食を考える会
協力:
日本おさかなマイスター協会 一般社団法人日本さかな検定協会 公益社団法人 全国調理師養成施設協会 一般社団法人 全国栄養士養成施設協会 全国高等学校家庭クラブ連盟 全国家庭科教育協会 一般社団法人 全国料理学校協会 NPO日本食育インストラクター協会 海と魚と食を考える会 パルシステム生活協同組合連合会

プライドフィッシュを使用したレシピはプライドフィッシュWEBサイトにて公開、または今後開催予定の「Fish-1グランプリ」のプライドフィッシュ料理コンテストへ自動エントリーさせていただく場合があります。ご了承ください。