文字サイズ

プライドフィッシュ

menu

pridefish

おいしいレシピ

優良賞 フラむす
(フライの入った
おむすび)

【第30回「いわて・秋さけ料理コンクール」入選作品】
フライのサクサク食感が楽しい!
ショウガの風味がアクセント

レシピ提供:JF岩手漁連(岩手県秋さけ消費拡大推進協議会)
盛岡市立高等学校1年 駒井 理央さんの作品です。

レシピ

[材料(4人分)]
秋さけ 4切れ(400g)/米 3合/昆布 5g/かつお節 10g/しょうゆ 大さじ4+1/2/みりん、酒 各大さじ3/のり 6枚/マイタケ 80g/ニンジン 50g/ゴボウ 50g/ショウガ 30g/生醤油糀 大さじ2+1/2/薄力粉 50g/卵 1個/生パン粉 50g/ハーブソルト 小さじ1/揚げ油 適量/いくら(醤油) 適量
 
[作り方]
(1)米は研いでザルに上げておきます。秋さけを食べやすいスティック状(2×5cm位)に8本切り、ハーブソルトをまぶしておきます。残りの秋さけには生醤油糀で下味を付けます。
(2)鍋に昆布・かつお節・しょうゆ・みりん・酒を入れ火にかけ、5分ほど煮詰めて冷まします。
(3)生醤油糀で下味を付けた秋さけを、フライパンで両面焼き色がつくように焼きます。
(4)ニンジンとショウガはせん切り、ゴボウはささがきにします。マイタケは子房に分けます。
(5)炊飯器に米と水600ml(分量外)、こした(2)のだしつゆ大さじ3を加えて混ぜます。ニンジン・ゴボウ・マイタケ・ショウガをのせ、焼いた秋さけとともに炊飯します。
(6)卵と水(分量外)を溶きほぐして薄力粉を混ぜ、下味を付けたスティック状の秋さけをくぐらせて生パン粉をまぶします。180℃の油できつね色に揚げます。
(7)炊きあがったら、鮭をほぐしながらご飯を混ぜます。フライを包んでにぎり、のりを巻き付けて、だしつゆにつけたいくらをのせます。
 
[ポイント]
※秋さけに下味を付けてからこんがり焼き、ショウガたっぷりで炊き込みました。
※秋さけのサクサクとしたフライがアクセントになります。

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

おいしいレシピ一覧へ